学校情報化優良校

  
 

学校情報

日野市立南平小学校
〒191-0041
東京都日野市南平4-18-1
TEL:042-592-2021
FAX:042-592-2022
 

ICT活用教育推進室

ICT活用教育推進室
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER312723

5年生

5年生
12345
2015/07/06

子どもたちからの人権メッセージ発表会

| by:システム管理者

 4日(土)の午後、七生公会堂にて「子どもたちからの人権メッセージ」発表会が行われました。本校からは、5年生のIくんが発表をしました。

 すでに校内では、先週の月曜日の朝会で全校児童の前で発表しましたが、たくさんの知らない大人たちの前で作文を読むのは、とても緊張することだと思います。しかし、Iくんは、原稿を見ずに実に堂々と作文を読み上げました。障がいがあることで人と同じことができないのは、おかしい、もっと障がいのある人たちのことを優しく受け止めてほしい、と訴えました。気持ちのこもった素晴らしい発表でした。

 会場の人たちからも大きな拍手をいただきました。自分の知り合いの方からも、お褒めの言葉をいただきました。
 

   Iくんの発表については、今日の朝会でも再度ふれました。立派に発表できたことを報告するとともに、人と違う外見や考え方等に対してまずお互いに認めることから始めようという内容について南平小の子供たちにも改めて伝えました。Iくんの気持ちがみんなに広がるといいと思います。


10:06 | 投票する | 投票数(2)
2015/07/02

5年生 社会科 水産業のはなし

| by:システム管理者

 昨日、本校5年生が講師の先生をお招きして、日本の水産業や食文化についての社会科の授業を行いました。講師には、長崎県の漁業者の経験の後、長らく水産庁に勤め、この4月から魚に関する企画をする会社を立ち上げた上田 勝彦様をお願いし、5年生全員にお話をしていただきました。

 世界の国との比較から日本の水産業に関する地理的な条件、例えば、日本の国土面積は世界で90位だが、海岸線の長さは6位であること、親潮と黒潮がぶつかり合う豊かな漁場が日本の近海にはあり、世界三大漁場として金華山沖が有名だということなどについて説明していただきました。

 また、海の豊かさとは、水が山から川を通り海に流れ込むという流れや繋がりの中で考えるもので、それを「しくみ」という、といったことを教えていただきました。海の水は海だけではなく、陸地からの恵みにも関係しているという地球規模の考え方に、子供たちは感心して聞いていました。

 最後に、家庭で食育を考えていくうえで大切なことも触れていただきました。子供たちが出来ることとして、骨を食べるその食べ方や食物ピラミッドについても教えていただきました。

 子供たちにとっては、食べる=生きること、食糧生産と食生活、など考えさせられる内容がたくさんあり、学びが見られたようでした。

 お忙しい中を5年生の子供たちのために貴重なお話をいただきました上田様には、心より感謝申し上げます。
 
 
 


13:55 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/30

5年生 算数研究授業

| by:システム管理者

6月30日、5校時に、本校5年3組吉木学級で算数の研究授業が行われました。

「合同な図形」という単元で、合同な三角形はすべての辺や角を調べなくてもかけることについて理解を深めていきました。

まずは、前の時間で自分はどの方法で合同な図形をかいたか、黒板に名札を貼って確認しました。

次にそれぞれの方法について発表し、かき方や手順を検討していきました。途中、ペアで言葉の意味を確認したり、みんなの前で説明する人を交代したりしながら、全員で学習を進めていきます。

みんなから出た意見がまとまり、合同な図形は全ての辺や角を調べなくても書けるというまとめにつながりました。

授業後の研究協議会においても、ペアでの学習がうまくいっており、学習が深まったというお言葉を講師の先生から頂きました。本校の研究主題である「思考力・表現力を伸ばす算数科の学習活動」には、「言語活動の充実を通して」というサブテーマがあります。今回の授業では友達と話し合ったり、全員で考えを検討をしたりする場面が適切に設定されており、よい授業になりました。

研究協議会でご指導をいただきました帝京大学客員教授 廣田敬一先生に心より感謝申し上げます。授業を行った吉木先生をはじめとする5年生の先生方、ありがとうございました。


13:31 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/30

5年生研究授業

| by:システム管理者

 本日5年の吉木先生が少人数の算数で合同な図形の研究授業を行いました。

 3つの構成要素を使えば合同な三角形を書くことができることから、書き方の条件、その根拠を考えさせる授業でした。それぞれが考えていた書き方を整理し、合同の定義を導き出すためにペア学習を取り入れ、考えを深める流れでしたが、子供たちが納得して考えをまとめているのが良く分かり始めました。

 5年生の子供たちも、何がどのように違うのか、必要なことは何なのか、といったことを真剣に考えていて、授業に集中していました。

 講師として毎回丁寧なご指導をいただいております帝京大学客員教授 廣田 敬一先生におかれましては、本日も的確なご説明と温かい励ましの言葉をいただき、ありがとうございました。
 
 
 
 
 


13:21 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/29

今日の授業の様子から

| by:システム管理者
 5年生の図工と家庭科の授業の様子をお知らせいたします。
 
 
 
11:48 | 投票する | 投票数(1)
12345