学校情報化優良校

  
 

学校情報

日野市立南平小学校
〒191-0041
東京都日野市南平4-18-1
TEL:042-592-2021
FAX:042-592-2022
 

ICT活用教育推進室

ICT活用教育推進室
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER292502

3年生

3年生
1234
2015/06/30

3年生 廊下の掲示

| by:システム管理者

 3年生の廊下の掲示物は、各学級ともよく更新されています。社会科、理科や国語などの作品が掲示されているので、他の学級や学年の子供たちにも、いい刺激を与えているように思います。

 地域たんけん                                          ツバメの観察
 
ぼく・わたしのおすすめの本



11:57 | 投票する | 投票数(2)
2015/06/19

3年生図工の授業

| by:システム管理者

 今日の3・4校時に日野市教育センターから櫻井 秀和先生がご来校し、図工専科の菊池先生が指導をする3年生の図工の授業を参観していただきました。

 それぞれが紙粘土を材料にして作ったパフェに似合ったコースターをつくろう、という授業で、子供たちは紙を折ったり、切ったり、紙を貼り合わせたりしながらマイコースターdくりに夢中になっていました。菊池先生によると、紙に絵柄を描く子が多い学級もあったそうですが、今日の授業では、紙を折る切るという作業をしている子が多く、そのあたりが面白く感じました。

 授業の参観、ご指導をいただきました櫻井先生におかれましては、お忙しい中をご来校いただきまして、ありがとうございました。
 
 
 


16:38 | 投票する | 投票数(0)
2015/06/18

3年生 タグラグビー体験

| by:システム管理者

 本日の午前中、日野自動車ラグビー部『レッドドルフィンズ』の方々がご来校し、本校3年生にタグラグビーを教えていただける特別授業をしていただきました。

 タグラグビーは、基本的なルールはラグビーと同じですが、タグと呼ばれる鉢巻のようなものを相手が外すことで、タックル等の子供たちにとっては危険と思われる動きをなくし、楽しくラグビーを学べるように工夫されたスポーツです。すでに、地域によっては、体育の授業の中で位置づけられているほどで、日野自動車から日野市の学校にもラグビーを普及させたいとの依頼の中で今回の特別授業が実現しました。

 子供たちは、伸長が高い選手や筋肉質の選手たちにまず驚き、楕円形のボールを投げる・蹴る・捕る、人を持ち上げるといった動きを見せていただき、さらにびっくりしていました。コーチから様々な動きやゲームを教えていただき、子供たちはラグビーの楽しさを十分に味わえたように思いました。中には、華麗なステップを見せていた子もいて、レッドドルフィンズの方々も喜んでいただけたように感じました。

 子供たちにわかりやすいように優しく、そしてユーモラスにラグビーを教えていただきました日野自動車ラグビー部の皆様方には、御礼申し上げます。
 
 
 
 
 


16:24 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/18

3年生 算数研究授業

| by:システム管理者

昨日の5校時に、本校3年3組中村学級で算数の研究授業が行われました。

「あまりのあるわり算」という単元で、わり算の余りのとらえ方について理解を深めていく学習を行いました。『花が30本あります。この花を4本ずつのたばにして、花たばを作ります。4本ずつの花たばはいくつできますか。』という問題に対して、式「30÷4=7あまり2」を全体で確認しました。

「30÷4=7あまり2」の余りに注目して、問題の答えについての考えをノートに書きました。子供たちは、自分の考えを図や言葉で分かりやすくまとめていて、感心しました。
 
次に、自分の考えをペアで話し合いました。ペアでの話し合いの中で、自分と友達の考えの違いに気付いて、質問をしたり、教え合ったりするペアもいました。

全体での話し合いでは、実際に花の教材を黒板に貼りながら、余りの2は、4本ずつの花束にできないこと、正しい答えは、「7つ」であることを確認し合いました。
 

 授業の最後に、1時間の授業の中でポイントとなる考えに☆印を付けました。☆印を付けることにより、授業のポイントである「問題文をよく読んで答えを求めていくこと」を全体で共有することができました。

 本校の研究主題である『思考力・表現力を伸ばす算数科の学習活動の工夫』という点で、ペアや全体での話し合いや振り返りを通して、友達の考えと自分の考えのよさに気付いたり、修正したりしながら理解を深めていくとてもいい授業になりました。

 研究協議会でご指導をいただきました千葉大学教授 島田 和昭先生のご指導をいただきました。心より感謝申し上げます。授業をした中村先生をはじめとする3年生の先生方、ありがとうございました。


16:18 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/17

3年3組 算数研究授業

| by:システム管理者

 本日の5校時、校内研究の一環として、3年生の研究授業が行われました。

 あまりのあるわり算の流れの中で、余りが出たときに余りの分を切り上げするのか、切り捨てするのかを判断し、答えを出すという授業でした。問題文の意図を読み取って、文脈からどのような答えを導くのか、生活体験で判断しなければならない部分と、それを補うために友達との話し合いの中で自分の考えを説明する部分とで、まさに言語活動を充実させながら考えを深める授業になりました。

 子供たちは、答えが何を求めているのかについて、かなり理解が進んでようでした。一方、式をつくるというこれまでの算数の流れから、答えを出す段階での難しさに戸惑っている子もいました。具体的に絵を描いたり、半具体物の操作をしたりして、イメージを膨らませることの大切さが今回の課題として明らかにされました。

 授業を行った中村先生、中学年の先生方には、忙しい中での授業の提案、お疲れ様でした。また、ご指導をいただきました千葉大学教授の島田 和昭先生におかれましては、本校への継続的な丁寧なお話をいただき、ありがとうございました。
 
 
 


16:11 | 投票する | 投票数(2)
1234