学校情報化優良校

  
 

学校情報

日野市立南平小学校
〒191-0041
東京都日野市南平4-18-1
TEL:042-592-2021
FAX:042-592-2022
 

ICT活用教育推進室

ICT活用教育推進室
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER312780

2年生

2年生
12
2015/07/03

願い事、かなうといいね

| by:システム管理者

 学校支援コーディネーターの野澤さんがたくさんの笹を持ってきてくださいました。1年生と2年生は、各教室で願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉に付けて、お願いをしていました。

 サッカー選手になりたい、お医者さんになりたい、歌手になりたいといった将来の夢を書いた子もいれば、ピアノが上手に引けますように、野球がうまくなれるようにといった今現在の夢を書いた子や、みんなが幸せでいられるように、家族が健康でいられますように、世界が平和になりますようにといった大きな、そして素敵な願いを書き込んだ子もいました。折り紙で飾りもいっぱい作っていました。

 7日の夜の天気はどうでしょうか。一人一人の願いが空に届きますように。

2年生の飾りから
 

 事務室の窓からも飾りが


10:02 | 投票する | 投票数(0)
2015/06/30

2年生 図工の作品

| by:システム管理者
 2年生の教室前の廊下の壁に掲示されている作品を紹介いたします。この時期らしく鮮やかな花が咲いていますね。
 

11:51 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/12

2年生 蛍のはなし

| by:システム管理者

 本日の5校時、本校2年生が多摩動物公園の昆虫飼育を担当していらっしゃる原様、杉田様から蛍のお話をしていただく機会がありました。

 蛍は世界中で2500種類ほど生育しており、日本では50種類ほどが生存していること、そのうち、水の中で育つ種類は、世界でも10種類しかいないこと、日本では、ゲンジボタル、ヘイケボタル、クメジマホタルの3種類しかいないこと、卵は30日ほどで幼虫になり、さらにさなぎとなった蛍は、50日ほどで成虫になること、卵は500~1000個ほど生むこと、などを写真で教えていただきました。また、蛍というと光るものと考えてしまいますが、成虫でも光らないものがたくさんいることや、卵・さなぎ・幼虫も光ること、光る意味などについても詳しく教えていただきました。

 2年生の子供たちは、実際に成虫、幼虫、えさになるカワニナなども見せていただき、大喜びでした。たくさんのことを教えていただいたので、きっと蛍についての興味関心が一気に高くなっていると思います。ご家庭でも、今日のお話について聞いていただけると幸いです。

 ご来校いただきました原様、杉田様におかれましては、貴重な写真や実物を見せていただき、ありがとうございました。
 
 


15:56 | 投票する | 投票数(1)
2015/06/04

2年 算数研究授業

| by:システム管理者
昨日の5校時に、本校2年2組久保田学級で算数の研究授業が行われました。

「100より大きい数を調べよう」という単元の最初の授業で、1辺が1センチメートルの積み木235個を工夫して数えようという学習でした。もちろん、子供たちは235個という数は知りません。ものすごい数の積み木を3人~4人の班で協力して数えていきます。

たとえば、10個のかたまりにして並べていく班がありました。

同じ10個でも5個ずつ2列に並べていく班もありました。

10個を10列に並べ100個のかたまりにしていく班もありました。

 子供たちは、それぞれの考え方を伝えながら、「正確に」「ぱっと見て分かりやすい」方法を工夫していました。途中から、数え方、並べ方を変えた班もあり、同じ10個のかたまりでも、見て分かりやすいかどうか、本当に正確に数えているかについてそれぞれの考えを深めている様子が見られました。

 また、事前授業として行った同じ学年の2学級の授業では出てこなかった数え方もあり、子供たちの考え方の柔軟さに感心いたしました。特に、10のかたまりから、さらに100のかたまりまで発展させたいという教師側のねらいに沿った考え方が出ていたのは、予想を良い意味で裏切った子供たちの反応でした。

 本校の研究主題である『思考力・表現力を伸ばす算数科の学習活動の工夫』という意味では、とても興味深い授業研究が出来たと考えています。

 子供たちが考えた数え方を写真に撮っておき、52インチのモニターに映して全員で確認しました。こうした自力解決の場面から集団検討の場面にスムースに展開することができたのも、ICTを活用した授業として、今後幅広く活用できる実践となりました。

 また、大きい数の学習では、子供たちは実際に具体物を数えるという体験をしますが、そこで数えるものを何にするかというのは、授業を成功させる上でかなり重要な要素になります。教科書では、クリップを数えることになっていますが、この研究授業ではサイコロ型の積み木を選びました。このことによって5個ずつ2列というアイデアや10個ずつ10列というアイデアが出たといえます。

 今回の研究授業でも、帝京大学客員教授 廣田 敬一先生のご指導をいただきました。心より感謝申し上げます。

 授業をした久保田先生をはじめとする2学年の先生方、ありがとうございました。


14:57 | 投票する | 投票数(2)
2015/04/30

働く消防の絵写生会

| by:システム管理者

 今日の3・4校時に、働く消防の絵写生会が行われました。

 校庭に駐車している本物の消防車と救急車を観察し、クレパスで絵を描くという2年生だけが体験できる時間でした。校庭に出た2年生の子供たちは、間近に消防車、救急車を見て、早く描きたいといった様子でした。大きな画用紙いっぱいに絵を描いている子供たちの様子は、とても張り切っているように見えました。

 ちょうど空には雲がかかって、日が照っている中での写生にならなかったのも幸いし、予定の時間いっぱいまで絵を描き上げていました。素敵な作品がたくさんできました。子供たちも楽しめたのではないかと思います。

 写生会にご協力いただきました日野消防署高幡出張所の皆様方には、お忙しい業務の中をご来校いただきまして、ありがとうございました。
 
 
 
 
 


13:07 | 投票する | 投票数(1)
12